応援演出|野球婚活・婚活シート【千葉ロッテマリーンズ】ベースボールカップリングパーティー

千葉ロッテマリーンズ ベースボールカップリングパーティー
HOME > 応援演出

応援演出

スタジアムのライト側外野席でのサッカーサポーターを参考にした応援パフォーマンスはマリーンズファンの最も大きな特徴の一つ。スタジアムやビジター球場での観戦を楽しむための応援スタイルをご紹介。これを知っていれば、野球観戦が何倍も楽しめること間違いなし!

marines wing vision

長さ296mの迫力映像を提供する『marines wing vision』。この愛称には、"マリーンズに大きく羽ばたいていって欲しい"という願いが込められているのだそう。
こちらの『marines wing vision』では、ホームゲームの際、マリーンズの好プレイ(安打、本塁打、盗塁成功など)を称えるメッセージや、リリーフ登板に「It's your time」「We believe」の文字を流したり、マリンビジョンでのCMに対応するメッセージや、イニング間のイベントとして皆さんが楽しめるゲーム等が流れます。皆さんの応援と連動した映像も流されるそうですので、観戦中は要チェックです!

ZOZOマリンスタジアム名物 打ち上げ花火

ZOZOマリン名物といえば、夜空を美しく彩る花火!! 毎週金曜、交流戦ナイター、夏休み期間の全試合、5回裏に打ち上げが行われます。
しかし、他の花火大会に比べて、会場に近い場所で打ち上げをしている分、迫力があるのですが、燃え殻を含めた風の影響等を懸念し、中止となる場合があるようです。
中止となる条件は以下の通りです。

1.風速が10mを超える場合
2.風速が10m以下でも、センターからホーム方向にまっすぐ
  吹いている場合
3.近くで落雷がある場合

ジェット風船飛ばし

ジェット風船は、素材はゴムで出来ており、口の部分にはプラスチックの部品があるため、ピューといった音を出しながら宙を舞う風船のことです。
ZOZOマリンスタジアムでは、7回表ビジターチーム攻撃前と7回裏のマリーンズ攻撃前に、白いジェット風船飛ばしが行われます。

なお、ホームでジェット風船を飛ばす際は、ビジターの攻撃時から膨らませて、すぐにでも飛ばせる状態にしておく必要がありますが、くれぐれもビジターの攻撃中にフライングしないように。
7回表終了後に、皆で一斉にスタジアムをホワイト一色に染めましょう!

マリーンズの応援スタイル

マリーンズの応援では、野球の応援グッズの定番である、メガホンが殆ど用いられません。これは、マリーンズの応援は、声中心の応援なので、応援の声がメガホンを叩く音にかき消されるのを嫌って、メガホン不使用が推奨されているため。
声を出すために皆起立し、メガホンを使う代わりに手拍子をしたり指で天を指差したりしながら応援するのが、マリーンズスタイルです。サッカーの応援方法を参考にした、人の声を前面に押し出した一体感抜群の応援方法です。

また、マリーンズファンの多くは、ホーム用及びビジター用のレプリカを所持していて、ホームではホーム用を、ビジターではビジター用を着用します。外野席は常にホームなら白、ビジターは黒一色となっています。2009年に発売された、旧ロッテオリオンズ時代のレプリカユニフォームが人気で、多くのファンが着ているそうです。

また、マリーンズファンは、応援マナーの良さでも知られています。
野球や選手に対する真剣な態度やマナーの良さから「応援するだけではなく、チームを支えている存在である(サポーター)」であるとされいるのだそう。
応援団・ファンに対して、2003年には、『毎日スポーツ人賞 文化賞』が毎日新聞社から、2005年には、特別感謝状が千葉市から贈られています。この他、完全優勝記念碑でも「日本シリーズにおける34人目のプレイヤー」として扱われ、レリーフがはめ込まれています。
さらに、球場を出てすぐのところ(敷地内)で応援団による「応援講習会」が行われたり、毎年シーズンオフに開催されるファン感謝デーなどで応援団がパフォーマンスを行う場が設けられたりして、マナー向上の努力が続けられています。

ベースボールパーティーに参加される皆様もマナーを守って、マリーンズのファン一体となった応援にぜひ参加してみて下さい。

HOME > 応援演出

ベースボールパーティーとは

ブログ

婚活パーティー総参加人数
業界No.1! 婚活中の男女3人中
1人に選ばれる理由

千葉ロッテマリーンズについて

ZOZOマリンスタジアムについて

野球基礎知識

婚活シートインタビュー

▲ページトップへ